m2.

洋楽のお気に入り曲を紹介します。+アニソン、特撮ソングも。

151. 徳永英明『夢を信じて』

徳永英明『夢を信じて』

 1989年~1991年まで放送されたアニメ『ドラゴンクエスト』の初代OP。爽やかな作風に合った最高のテーマ曲です。編曲は瀬尾一三だったのですね。当時リアルタイムで毎週楽しみにしていたアニメです。鳥山明のデザインなのでドラクエの世界観が違和感無く表現されてましたね。声優の配役も良かった。特にデイジーね。当時、突然変な終わり方してガッカリしましたが、2部として放送が再開されて最後まで放送してくれたので良かった。

www.youtube.com

150. LAZY LOU's BOOGIE『いつもそこに君がいた』

LAZY LOU's BOOGIE『いつもそこに君がいた』

  1989年~1992年まで放送されたアニメ『YAWARA!』のEDテーマ。物語の最後の方で使用されてたと思う。歌われてる方は全く知らなかったですが、曲だけは記憶に残ってます。漫画も好きだったけど、アニメもよく出来てたな。最後までストーリーラインがよく出来てましたよ。また再放送しないかな。『YAWARA!』は他のOP、EDテーマも良い曲ばかりなので、見つけたらUPしたいです。

www.youtube.com

149. Janet Jackson『Love Will Never Do (Without You)』

Janet Jackson『Love Will Never Do (Without You)』

 来日記念3(最後)。1989年リリースのアルバム『Janet Jackson's Rhythm Nation 1814』からのシングル曲。アルバムからは7枚シングルカットされて全てTOP10入りしましたが、この曲は7枚目でありながら全米1位を記録したヒット曲です。

ミュージックビデオ。有名写真家のHerb Rittsが撮った映像。昔のカルバンクラインの広告みたい。さすが彼が撮っただけあってもの凄い美人に仕上がってます。

ミックス。このバージョンも良いですよ。良いリミックスだ。

ライブ映像。凄い身体だ。見習いたい腹筋(笑)。

148. Janet Jackson『Together Again』

Janet Jackson『Together Again』

 来日記念2。1997年リリースのアルバム『The Velvet Rope』からのシングル曲。全米1位を記録して1998年の年間シングルチャート6位となった大ヒット曲です。サビには大ヒットしたゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の曲がサンプリングに使用されていて、超ポップでダンサブルな曲。リミックスによって曲が全然違うんですよ。

ミュージックビデオ。凄い凝った映像で見応えありますね。

ミックス。原曲と違ってスロウでブラックな曲。

更に別バージョンのリミックス。DJ Premierによるもの。全く別曲。

当時のライブ映像。

当時のライブ映像2。DJ Premierバージョンでのパフォーマンスです。

ライブ映像3。

147. Janet Jackson『Rhythm Nation』

Janet Jackson『Rhythm Nation』

 来日記念。1989年リリースのアルバム『Janet Jackson's Rhythm Nation 1814』からのシングル曲。全米最高2位を記録したヒット曲です。彼女の代表曲といえる曲で、日本ではこの曲のイメージが強いんではないですかね。ミュージックビデオの集団ダンスは当時日本でも色んな番組で真似されたりパロディにされたりしてたの覚えてます。安室奈美恵さんも影響を受けたというダンスです。

ミュージックビデオ。昔とんねるず和田アキ子も踊ってたよなあ。

ライブ映像1。

ライブ映像2。ヌンチャクダンス凄い。


ライブ映像3。お兄さんのMichaelみたい。

近年のライブ映像。リハーサル映像。歴代のバックダンサーが集合したみたいで凄い人数でのダンスです。

146. Boyz II Men 『I'll Make Love to You』

Boyz II Men 『I'll Make Love to You』

 1994年リリースのアルバム『II』からのシングル曲。14週間も全米1位となり、1994年の年間チャートだと3位を記録した大ヒット曲です。彼らの曲だと「End of the Road」が有名かもですが、自分はこちらの曲の方が好き。ちなみに両曲ともBabyfaceが手掛けてます。

ミュージックビデオ。

当時のライブ映像。超歌上手い。

近年のライブ映像。現在は3人なんですよね。

145. Charlie Puth『Attention』

Charlie Puth『Attention』

 2018年リリースのアルバム『Voicenotes』収録のシングル曲。全米最高5位を記録したヒット曲。自身でプロデュースもこなすシンガーソングライターです。ビジュアルがアイドルチックなので今後もっと売れる可能性ありますね。

ミュージックビデオ。

ライブ映像。ライブの方がイケてるね。